笑気吸入鎮静法・静脈内鎮静法

24時間受付中無料メール相談

icon close

  • HOME>
  • 笑気吸入鎮静法・静脈内鎮静法

笑気吸入鎮静法とは

笑気吸入鎮静法とは

笑気吸入鎮静法とは、麻酔の一種です。鼻に小さなマスクを当てて低濃度の笑気と高濃度の酸素を吸うことで緊張感が和らぎウトウトと眠るようなリラックス状態になることで、意識はありながらも安心して治療を受けることができます。
リラックス効果を得ることが目的なので、局所麻酔(浸潤麻酔、歯根膜注射、伝達麻酔、表面麻酔など)も合わせて必ず行います。

笑気吸入鎮静法の特徴

笑気吸入鎮静法には、次のような特徴があります。

  • 不安感やストレスを和らげます
  • 痛みを感じにくくなります
  • 意識がなくなるわけではありません
  • 吸入を止めると意識が回復して動けるようになります

など
笑気吸入鎮静法は、こういった特徴があります。痛みや歯科治療に恐怖感を感じる方はぜひご相談ください。

大人でも歯医者は怖いもの

歯科治療に対する恐怖感は、大人の方でもたくさんおられます。人は恐怖心を感じると脈拍や血圧に影響が出たり、体に対する悪影響を及ぼすことがあります。
笑気吸入鎮静法によって刺激や恐怖心が緩和されることで、治療はとても受けやすくなります。十分な効果が期待できますので、これまでに諦めている方は検討してみてはいかがでしょうか。

笑気吸入鎮静法ができないケース

  • 鼻呼吸ができない場合(鼻が詰まっている方はNGです)
  • 禁忌症の方
  • 喘息等の呼吸器疾患がある方
  • パニック障害のある方
  • 体内に閉鎖腔のある病気の方(中耳炎、腸閉塞、気胸などの肺の病気)

など、こういった方は笑気麻酔が使えません。まずはお気軽にご相談ください。

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法(点滴麻酔)は、鎮静薬を静脈に点滴し半分眠っているような状態を作ることで感覚を鈍らせ、痛みへの不安や恐怖心を和らげる効果があります。

対象となる方

  • 歯科治療に対する不安や恐怖心が強い方
  • 強いえづきがあって歯科治療が難しい方
  • 歯科治療によるストレスを和らげないといけない方
  • 吸笑気吸入鎮静法では十分な効果が得られなかった方

静脈内鎮静法ができないケース

  • 歯科治療より優先して加療が必要な全身疾患があると診断した場合
  • 口が開かない、顎が小さい、太りすぎている等で呼吸の管理が難しいと判断された場合
  • 妊娠中の方
  • 使用薬剤に対してアレルギーや禁忌症をお持ちの方

お電話でのご予約・ご相談は0800-111-6480